夏休みの工作・アイデア・作り方

夏休みの宿題はボリュームがあって大変です。その中でも、夏休みの工作に関しアイデア、作り方を紹介しています。我が家でも様々な工作をしてきました。その中から最近は、工作キットを使って宿題を完成させるヒントを得たりするのを目的に書いています。小学校の低学年から高学年、ペットボトルやダンボールやキットを使って簡単にできるものを紹介しています。

夏休みの宿題はボリュームがあって大変です。その中でも、夏休みの工作に関しアイデア、作り方を紹介しています。我が家でも様々な工作をしてきました。その中から最近は、工作キットを使って宿題を完成させるヒントを得たりするのを目的に書いています。小学校の低学年から高学年、ペットボトルやダンボールやキットを使って簡単にできるものを紹介しています。

電気

エアシュータでモーターと電気の仕組みを理解する

夏休みの工作には科学に触れ合える教材が楽しいと思いませんか?



私が小学生のときは科学に非常に興味がありました。
ロボットやロケットなど宇宙にロマンをはせました。
また、学校で作る工作も非常にワクワクしながら作っていたのを記憶しています。

私たちに子供が生まれ、小学生になりました。
小学生の子供たちも工作は楽しい様子です。

ダンボールとセロテープでさまざまな工作を楽しんでいます。
学校の図工の時間で電池や豆電球、磁石を使った工作も盛んですが
ロボット型の工作キットを使ったものは今の子供たちも楽しい様子です。

うちに持って帰ってきて、有線リモコン操作をして
お掃除ロボットを稼動させて、ピン球をつかってのサッカーゲームをしたりして
楽しんでいます。

お掃除ロボットをサッカー選手にみたてて遊んでいるのです。
これは楽しいですね。

今回紹介するのは
エアシューターです。

☆内容/本体用パーツ

・せん用コントローラ用パーツ
・基盤(きばん)
・せん用サッカーボール
・組立説明書

工作キットなのですべて準備が整っています。
ですから、あとは工作を進めるだけです。

必要な工具は次のとおりです。

用意するもの
・ニッパー
・ラジオペンチ
・プラスドライバー
・カッターナイフ
・ハンマー
・単三アルカリかん電池4本

電気の仕組みを理解することになります。
そしてモーターのこともわかります。

そして何より楽しく遊べるのです。

プラモデルのように簡単に組み立てることができるので
これを生徒が自分で工作する。これは楽しいと思います。
夏休みの工作にもいいと思いますよ。

 キャッチ&シュート! サッカーゲームロボットエアシューター 【自由研究・自由工作】

イライラ棒の工作

夏休みの宿題は早目が一番です!

早めに夏休みの宿題を完成させて、後半は思い切り遊びましょう!!
というのも夏休みのすごし方ですが、

後半戦は、じっくりと構えて、より完成度の高い、提出用の宿題とします。
そのためには、前半戦で工作などになれることが重要ですね。

ということで、
今回は、イライラ棒づくりに挑戦しましょう。

材料
・ホワイトダンボール
・豆電球
・電池・銅線
・針金
・びらびらした形状のダンボール
・ペットボトルキャップ

作り方
1.ホワイトダンボールを準備します。
 これだ土台になります。
IMG_7230


2.次に針金です。
 長い部分が電流がながれる部分です。
IMG_7231


3.針金でイライラ棒の手に持つ部分として10センチほどで、先を曲げてCの字の輪を作ります。
 この部分が触れると豆電球が点灯します。

4.豆電球の線のところにダンボールびらびらを巻いてセロテープで留めていきます。
IMG_7235

IMG_7233

電池部分を土台にセロテープで留めていきます。

ダンボールのびらびらものをくるくると丸めて、セロテープでとめ、キャップにつけます。

こんな風にです。

IMG_7240


5.土台に貼り付け、長い部分の針金をつけて感性です。
 針金部分にビニールテープを巻いて、休憩箇所をつくれば完成です。
IMG_7246


材料さえあれば、すぐに作ることができます。
遊びすぎて壊さないように注意が必要です。

楽天市場