夏休みの工作・アイデア・作り方

お盆に帰省したときに、”原子力の科学館あっとほうむ”に行ってきました。

ここではなんと、夏休みのほぼ毎日、工作や実験を体験することができちゃうのです。科学館の近くに住んでいる子供たちは、夏休みの宿題が楽チンですね♪

科学館では、科学や原子力を理解しながら楽しめるコーナーもあって
子供たちは、とても満足した様子でした。

夏休みの期間中は、いろんな工作が体験できるのがうれしい。
今回は、紙コップと風車のハネを使った工作をしてきました。

準備するもの
・画用紙
・はさみ
・セロハンテープ
・マジックやマーカー
・紙コップ

準備するもの


作り方
1.あらかじめ図が印刷されていましたので
これに絵や色を塗っていきます。
ハネに色をつけます

結構集中して描いています。
色を塗ります。


2.色が塗れたら、はさみできります。
はさみで切ります


3.2.で出来た羽を紙コップにセロテープではります。
紙コップをつける


4.ハネを線にそって折ります。
ハネを折る


5.完成

出来たら、少しハネを広げて、天井に向かって投げてください。
すると
くるくるくると回転して落ちてきます。

10分程度でできる簡単工作です。

原子力の科学館あっとほうむ でこのような
簡単工作を体験してきました。

とても楽しかったですよ。