ペットボトルを使った工作は、エコの代表選手といった感じで魅力的です。
何せ、ペットボトルは身近な飲み物に使われていて、調達に困ることがありませんからね。

そんなペットボトルの特徴をまずは考えて見ましょう。

ペットボトルの特徴
・簡単に手に入る。
・包装をとると透明なものが多い。
・加工が容易である。

といったところでしょうか。

さて、そんなペットボトルの特徴を活かしてペットボトルライトを工作するというのは
いかがでしょうか。

ペットボトルライトは、

市販のペットボトル空き容器を使って作るオリジナルライトです♪
粘土に絵の具を混ぜてこねれば鮮やかな装飾が簡単にできます!

というものです。

セットに入っているものは次のとおりです。

・軽量紙粘土410立方cm×1
・LEDライト
( ・ 8種類の輝きパターン
・サイズ:3.5×3.5×3.5cm
・電池付)

LEDライトが8種類に輝くのですね~。
それと軽量紙粘土。

紙粘土を使い、色絵の具と混ぜるとカラフルな色粘土になります。
色粘土を活用して飾りつけをしていけば
魅力的なペットボトルライトになりますね。

作り方
1.ペットボトルを好みの大きさに切ります。
2.軽量紙粘土に好きな色の絵の具を混ぜます。
3.よくこねます。
4.軽量紙粘土は発色がよくきれいな色になります。
5.好きな形をつくってつけてきます。
6.中にLEDライドをつけて完成!

とても簡単に作ることができるキットです。
夜にペットボトルライトをつけて、幻想的な輝きを楽しめます。
レビューキャンペーン開催中!ペットボトル・ライト(軽量紙粘土M付き)リサイクル工作として人気...