夏休みの工作 アイデア 作り方

ウクレレの工作キットを紹介します。


ウクレレは高木ぶーでおなじみですね。
最近は、ウクレレ教室なども各地でされており人気ですね。

我が家にもウクレレがありますよ。

ウクレレを調べてみると

ウクレレ(ukulele, ukelele,ハワイ語 ʻukulele)は、フレットが施された小型、4弦の、ギターによく似た弦楽器である。通常は、ハワイアン音楽に使用されることが多い。

ポルトガルからの移民が持ち込んだブラギーニャ(braguinha)と呼ばれる楽器を起源とし、ハワイ で独自に改良を重ねられて現在の形になったとされる。高級なものにはしばしばハワイ特産のコア(koa)の木が材料として用いられる。 また現在のウクレレを確立したのはマヌエル・ヌナスとされている。

ウクレレという言葉はハワイ語で「飛び跳ねる(lele)ノミ(ʻuku)」という意味で、当時の人気奏者のあだ名から取られたとも、小さな楽器の上で奏者の指が目まぐるしく動く様を表現したとも言われている。

ウクレレには、4つのサイズがあり、小さいものから大きいものへと順に、ソプラノ、コンサート、テナー、バリトンと名付けられている。バリトンウクレレはサイズ・スケールともにテナーギターと同一である。またウクレレから派生した楽器として、8弦のタロパッチや胴の部分がバンジョーと同じ構造となったバンジョーウクレレなどが存在する。

 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ウクレレを工作して
音楽を楽しみましょう。

工作キット内容

■サイズ: 540×170×65mm(完成サイズ)
■セット内容
 ウクレレキット本体・・・1
 げん巻き・・・4
 げん・・・2

作り方の解説書などが書いているため
簡単に作れますよ。

家族で工作してみてはいかがでしょうか。
【自由工作・自由研究】本格的なウクレレが手軽に作れます。『楽器工作』ウクレレ工作キット【...