夏休みの工作・アイデア・作り方。

ペットボトルを使った夏休みの工作はいかがでしょうか。
ペットボトルはジュースを飲めば手に入るのでよい素材です。
工作には最適なものですね。



夏休みの工作といえば、毎年悩みの種ですね。

レ 何を作ろうか
レ 何でもいいと言われても難しい
レ 初めての小学校。夏休みの工作と言われても・・・

なんていうお子さん、ご両親も多いんです。

我が家もそうでした。

そんなきっかけから、夏休みの工作に関する話題を提供しているのです。

今年の夏休みの工作に何を作るのか思案中です。

4年生にもなると小学校では、ソーラーカーを作ったり、電池を直列や並列にして、車を走らせたりしているようなので、ソーラーに関するものをしようかとも考えています。

夏休みの工作として、自由研究としてもよいかと思う、工作キットを紹介します。

キットの紹介ページより抜粋。
・ペットボトルや牛乳パックなどの空き容器を使ってオリジナルソーラーカーを作成できるキットです。太陽エネルギーをパワーに換えてグングン進みます。作るだけでなく、太陽電池の仕組みや省エネルギー、環境問題についてもしっかり学ぼう!

これは面白そうです。
エレキット 【ソーラー工作キット】 ペットボトルソーラーカー

太陽電池(たいようでんち、Solar cell)は、光起電力効果を利用し、光エネルギーを直接電力に変換する電力機器である。光電池(こうでんち、ひかりでんち)とも呼ばれる。一般的な一次電池や二次電池のように電力を蓄えるのではなく、光起電力効果により、受けた光を即時に電力に変換して出力する。主流のシリコン太陽電池の他、様々な化合物半導体などを素材にしたものが実用化されている。色素増感型(有機太陽電池)と呼ばれる太陽電池も研究されている。
太陽電池(セル)を複数枚直並列接続して必要な電圧と電流を得られるようにしたパネル状の製品単体は太陽電池パネル又は太陽電池モジュールと呼ばれ、モジュールをさらに複数直並列接続して必要となる電力が得られるように設置したものは太陽電池アレイとなる。電源としての特徴などについては太陽光発電の項を参照されたい。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』