ゴールデンウィークに実家に家族と共に帰省。
滞在期間は仕事の都合もあって2日間のみ。

子供たちは、おばあちゃんにアクアビーズ・アートを買ってもらった。これは工作に使えそうな予感がしますね。

とりあえず、帰省から帰って家でアクアビーズアートを楽しんだ。

アクアビーズアートで工作

アクアビーズアートで子供たちが作った作品。

◎アクアビーズとアイロンビーズの違い
 アイロンビーズは以前に紹介しましたが、アクアビーズの良い点は、アイロンビーズなら熱(アイロン)を使わなくても、アクアビーズという名のとおり、水だけでよい点でしょう。

◎アクアビーズの良い点
 小さい子供が扱っても、水だけなので、危険が少ない!
 といえますね。これは大きなポイントです。

◎素材
 ポリビニルアルコールという素材でできている。
 接着剤や、バインダー(いわゆる「つなぎ」)として利用されるほか、その強い親水性を生かして、界面活性剤としても利用される。 可溶性のバインダーとしての身近な例では、シート状の洗濯機用洗剤が市販されている。(シート状に固める際のつなぎとして使用されている) スライムを作るのにホウ砂と合わせて使われることもある。Wikiぺディアより

◎アクアビーズの製造元
 エポック社が販売している。
 ホームページはこっち
 http://epoch.jp/ty/aquabeads/

 アクアビーズを使って夏休みの工作。おもしろい物ができそうな予感がしますよね。

◎使い方
 エポック社のホームページにも、「安心、安全、楽しい」のキャチふフレーズを謳っている

1.ビーズプレートとイラストシートを使ってビーズを並べる
2.別売りのペンを使うと並べやすい。
アクアビーズの別売りのペンは下記
アクアビーズ別売りのペン

3.霧吹きで水をかける
 ビーズとビーズが水でつながっていきます。
4.水が乾き切ったら完成!

アクアビーズ作品

アクアビーズ作品