夏休みの工作って簡単に作れて楽しいものがいいですよね。
簡単に作れて低学年向けの工作です。牛乳パックで作る船です。
実は幼稚園でも作りました。そのときは親子工作教室でした。

夏休みの工作 簡単に牛乳パックで作るパタバタ船です。

用意するもの
・牛乳パック(1000ml)
・竹ぐし1本
・輪ゴム3本
・ストロー1本
・はさみまたはカッター
・千枚通し
・接着剤
・ホチキス

作り方
1.牛乳パックを半分に切る
2.船の先端の部分にゴムをひっかける切込みを作る。
3.船尾から6センチほどのところに竹串を横に通す。
 千枚通しを使って穴を開けてね。
 船体の外側にストローを数ミリ切ったものを付ける。
4.竹ぐしをオールにする。
 竹串の両端に、牛乳パックの残りでオールの部分を作ります。
 接着剤で竹串とくっつけてください。ホッチキスも使ってね。
5.輪ゴムを3本つなげて、輪ゴムの端を船の先端に引っ掛けます。
 竹串に輪ゴムをくくりつけ、ボンドで固めます。
6.完成です。

遊び方
 竹ぐしのオールをまわして、輪ゴムを巻きつけてください。
 水に浮かべて、オールの回転でパタパタ進みます。

補強用にビニールテープを使ったりして、取れないようにしました。
我が家では、遊びすぎて壊れてもうありません。