夏休みの工作 低学年向けに最適なのがお天気サイコロを作るというのもいいですよ。夏休みの間は、晴れの日が多く、暑いですよね。夕立で、カミナリに会うなんてことも結構ありますよね。

夏休みの宿題は終わったかな?えっ!まだ終わっていないの?
それなら小学生低学年でも簡単に作れる夏休みの工作を紹介しますね。
それはお天気サイコロです。

用意するもの
・画用紙
・はさみ
・のり

作り方
1.画用紙でサイコロを作るために下絵を描く
 低学年の子供では難しいので、お父さん、お母さんがお手伝いしてください。
 画用紙でサイコロを作るためのに六面の立方体をの下絵を描いてあげて下さい。
2.絵を描きます。
 それぞれの面に、晴れ、曇り、雨、カミナリ、雪、霧の絵を描きましょう。
3.お父さん、お母さんが描いた線に沿ってはさみで切ります。
3.のりで貼り付ければ、お天気サイコロの完成です。

ポイント
 おとうさん、おかあさんが立方体にになるように、線を描くことでしょうか。

参考 Yahooきっず

サイコロは簡単にできますよ。お天気のほかにもいろんな絵を描いても楽しいよ。
お手伝いサイコロにしても面白いよ。夏休みのお手伝いを決めるんです。
新聞 お風呂 玄関 かたづけ 電気 かたもみ
など描くと、その日のお手伝いが決まります。