夏休みの宿題終わったかな。我が家でもまだ残っています。工作は終わりましたよ♪
まだ夏休みの宿題が完成していないお友達は、がんばってくださいね。
さて、紹介するのは、夏休みの工作として小学生中学年向け、「牛乳パックを使って風車貯金箱を作ろう」です。

用意するもの
・牛乳パック(500ml、1000ml)各1個
・竹ぐし1本
・ストロー1本
・はさみ、またはカッター
・千枚通し
・ホッチキス
・コンパス
・セロテープ
・接着剤

作り方

1.500mlの牛乳パックの屋根にお金を入れる入り口を開けてください。
2.下記の図で、上から約3センチいストローが入る穴を開けます。反対側もね。
 図のように扉を作ります。
 それぞれの穴に、約1センチに切ったストローを、はめて接着してください。
夏休みの宿題 牛乳パックで作る風車貯金箱
3.1000mlの牛乳パックから6センチと12センチの2つ箱を作ります。
 屋根と底を着ろ落とします。
 残った部分を6センチと12センチに切り分けます。
4.6センチの部分を使って、お金が落ちたときの回転台を作ります。
 下記のように青の点線部分を谷折します。すると十字型の回転台ができます。
 真ん中に竹串を通し、ホッチキスでしっかりと止めます。
 gyuu
5.12センチの牛乳パックで風車を作ります。
 一箇所の角を切って、広げます。
 広げたところに、コンパスで円を描き、中心に竹串を通す穴を開けます。
 風車になるよに、鉛筆で下書きをして、切り取ります。
6.回転台を500mlの牛乳パックに開けた扉から中に入れます。
 竹串を1センチストローのところにはめます。
7.外側に飛び出した竹串に風車を取り付けます。
8.竹串の先がとがっているのをきり、安全なように加工しよう。
9.牛乳パックで作る風車貯金箱の完成です。

遊び方
お金を入れるとくるくる風車が回ります。

参考 ミルクコミュニティクラブ

夏休みの工作いかがですか。風車に絵を描いたり工夫すると面白いよ。