夏休みの工作として
何か面白いものはないかな〜と。

と、そういえば、先日夏休みの工作教室にいったときにもらってきた紙がありました。

私は仕事の関係で、工作教室の当日に参加できませんでしたが
工作教室が終わったあとに、弓矢をつくって遊んできたというので
どんなものをつくったのか、作り方の紙があったのでそれを紹介します。

完成したものは、下記のようなもので、
弓矢のようにストローの矢を放ちます。

DSC08378-001


準備するもの

(弓の材料)
・紙コップ4つ
・太いストロー3本

(矢の材料)
・細いストロー 5本
・小さいスポンジ1つ
・輪ゴム5つ
・厚紙1枚

(道具)
・はさみ、セロハンテープ
・マジックなど

作り方

1.コップ4つをセロハンテープでたてにくつっけて穴を開けます。
IMG_9208


2.大きいストローのはしに切り込みを入れてきった部分を外側に広げ花形にする。

3.紙コップにあけた穴に2でつくったストローをさします。
IMG_9209


4.さしたストローの反対側も、2と同じように切り込みを入れて花形に広げます。
IMG_9209-001


5.絵と同じように3つつけて、紙コップの底の切り込みに輪ゴムをひっかけます。
IMG_9210


6.ストローの先に三角形の厚紙をはります。
IMG_9211


7.スポンジを4つにきります。(1センチ程度)
IMG_9211-001


8.きったスポンジをストローの先にセロハンテープでつけます。
IMG_9212


9.ストローの羽根をつけていないほうの先に切り込みを入れます。
IMG_9213


10.紙コップの弓にストローの矢をセットして完成
IMG_9213-001


というものです。
少し手間はかかるけれど、お金は余りかかりません。
工作教室で教えてくださってありがとうございます!!

この弓矢を飛ばして遊んでいました。
標的となるものをつくって、きそってもいいですね。
ただし、人には向けて矢を放たないようにしてくださいね。