昨年、地域のおまつりで勾玉(まがたま)体験をしていたのでやりました。
この勾玉づくりは、40分ほどで確かつくれました。

そのときの写真はどこへいっただろう。



そのときの石は、”滑石”というものだったらしい。

らしい

というのは、そのとき”滑石”というものを知らなかったからです。

やわらかい石やなぁ~

と思って紙やすりで削っていたのです。

このサイトで、作り方を紹介されています。

まが玉の作り方

1.えんぴつで滑石に”まが玉”の図を描きます。

2.カッターで大きくめずります。

3.紙やすりの粗いものから削っていきます。

4.細かい紙やすりで仕上げます。

5.紐をとおして完成です。

と簡単です。
簡単なのですが、石がやわらかいから、落としたり、ぶつけたりすると簡単に傷がつくので注意が必要です。
何より簡単に作ることができるのがうれしいです。

レビューキャンペーン開催中!まが玉づくり(3種)自由研究にも最適な古代体験工作キット自由工...