傘ぶくろでつくる飛行機

夏休みの自由研究といえば工作がその代表格ですね。
今日は工作キットではありませんが、簡単に工作することができて、遊ぶことができる創り方を紹介します。

雨の日のスーパーやショッピングモールの入り口に備えてある傘ぶくろを活用します。
買い物をするのに、雨のしずくが床におちていると、すべって怪我をしてしまうかもしれませんよね。
お年寄りだと骨折してしまうこともあって危険です。

そんなことにならないように雨の日のショッピングモールには傘ぶくろが置いてあります。
そのビニールの傘袋を使っての工作です。

hikouki


準備するもの

・傘ぶくろ
・クリップ
・セロテープ
・発砲スチロール

作り方

1.傘ぶくろをふくらませ、空気がもれないようにします。
 先頭の部分にクリップを止めて、その周辺にセロテープを2本貼り付けます。

2.前後のバランスをみて、ちょうどつりあうところを調べます。

3.食品トレーを洗って乾かしたものなど発砲スチロールを羽根の形にきります。

4.セロテープで、2の重心あたりに貼り付けます。

5.マジックで、発砲スチロールやビニール傘ぶくろに絵を描きます。

完成

とても簡単にビニール傘ぶくろで創る飛行機を完成させることができます。



飛行機★【メール便不可】ゴム動力飛行機 模型飛行機【シーガル SEAGULL LP-20 高性能ライトプ...