忍者カメラの工作

ちかくの博物館で工作教室がありました。
地元の大学生がサポートしてくれるのですが、そこでつくった作品を持って帰ってきました。

忍者カメラというだけあって、
自分で描いた二枚の絵が、変わったり、飛び出したりするというものです。

材料は、牛乳パックとのりとはさみ。そしてタコ糸とマジックです。

作るのは描きの3つ。
DSC03597


本体を上からみるとこんな感じです。

DSC03596


絵を二枚かいて、前と後ろにそれぞれセット。
1枚には、タコ糸をつけて、一方を、本体の中央下部に糸をとおしておきます。

それをいっきにひっぱると完成!!

DSC03595


前後に絵をセットします。
DSC03598


DSC03599


糸をひっぱります。
DSC03601


こんな風に絵が一瞬でかわります。
DSC03602


とても簡単にできる工作です。
牛乳パックを活用した簡単工作です。