夏休みの宿題は早目が一番です!

早めに夏休みの宿題を完成させて、後半は思い切り遊びましょう!!
というのも夏休みのすごし方ですが、

後半戦は、じっくりと構えて、より完成度の高い、提出用の宿題とします。
そのためには、前半戦で工作などになれることが重要ですね。

ということで、
今回は、イライラ棒づくりに挑戦しましょう。

材料
・ホワイトダンボール
・豆電球
・電池・銅線
・針金
・びらびらした形状のダンボール
・ペットボトルキャップ

作り方
1.ホワイトダンボールを準備します。
 これだ土台になります。
IMG_7230


2.次に針金です。
 長い部分が電流がながれる部分です。
IMG_7231


3.針金でイライラ棒の手に持つ部分として10センチほどで、先を曲げてCの字の輪を作ります。
 この部分が触れると豆電球が点灯します。

4.豆電球の線のところにダンボールびらびらを巻いてセロテープで留めていきます。
IMG_7235

IMG_7233

電池部分を土台にセロテープで留めていきます。

ダンボールのびらびらものをくるくると丸めて、セロテープでとめ、キャップにつけます。

こんな風にです。

IMG_7240


5.土台に貼り付け、長い部分の針金をつけて感性です。
 針金部分にビニールテープを巻いて、休憩箇所をつくれば完成です。
IMG_7246


材料さえあれば、すぐに作ることができます。
遊びすぎて壊さないように注意が必要です。