夏休みの工作・アイデア・作り方

夏休みの工作に何を作ろうか悩んでいませんか。
そんな悩みを持つ方は多いんですね。
実は、私もそうでした。

子供が夏休みの宿題をやらないので
やきもきしていたのを思い出します。

しかし、今は、そんなことなく
自分で夏休みの宿題に取り組むようになりました。

きっかけは、夏休みの工作教室にでかけたりしてです。
工作に触れ合うことで、自分でするようになったと思います。

それと、工作キットを使って工作しているうちに
子供の心の中で、探究心が芽生えたのかもしれません。

面白そうな素材を見つけました。

それは、

コルク粘土です。

・紙粘土とどうちがうの
・コルクなの、粘土なの
・はじめてきいた

という思いをされるのではないでしょうか。
私も、はじめてで扱う素材です。

コルクのざらざらした感じのある粘土です。

特徴
・乾燥してからも、あるていどの弾力がある。
・芯として使用しても、すこし曲げられる
・色づけができる

というものです。

これを使ったキットとして
コルクベアというものもあります。

新素材、コルクねんどでデディーベアが作れます。
従来のかみねんどにはない、
天然素材の色・ナチュラル感・風合いがある
特長のあるコルクねんどで、かわいらしい
クマさんが作れます。

オリジナルで椅子を塗ってあげるともっとかわいいね。

セット内容:・リボン・目・コルクねんど・木製イス・プラ芯材・説明書

ということで、
新素材で、夏休みの工作を楽しんでみてはいかがでしょうか。
コクルベアコルクねんどで作るコルクベア(PT731)