夏休みの工作・アイデア・作り方
走れぴゅんぴゅん

夏休みに開催される小学生向けの工作教室はありがたいですね。
夏休みも終盤になれば、教室も少なくなるかもしれませんが
ネットで検索してみれば、まだ、やっているところもあるかもしれません。

地元の大学生が、小学生を対象としたおもちゃ作りを毎年開催してくれているので
今年も参加しました。

その発表会で、簡単だけれど、おもしろ工作がたくさんありました。


洗濯ばさみをつかった走るおもちゃは、子供たちに人気でした。
なにより、レースをしたりして楽しんでいました。

洗濯バサミをつかったおもちゃ

準備するもの
・固めの画用紙
・竹串 2本
・洗濯ばさみ 2個
・はさみ
・色鉛筆など
・セロテープ

作り方
1.固めの画用紙で車輪部分を作ります。
 丸い円を4つ描き、はさみで切ります。
2.タイヤの部分に絵を描いたり、色を塗ります。
3.洗濯バサミの穴に竹串を通す。
洗濯はさみに竹串

4.タイヤの中心に穴をあけ、竹串を通し、セロテープでとめる。
車輪をつける

走れぴゅんぴゅんの工作

5.残った画用紙に絵を描き、色を塗る。
絵を描く

6.はさみで好きな大きさに切る。
走らせる

7.洗濯バサミではさみ、走らせて遊ぶ。
完成

こんな立派なステージが用意されており、
ここを走らせて多くの子供たちが遊んでいました。
ステージ

お母さんにはとてもうれしい夏休みの工作教室です。

★15%OFF★子ども手芸・エコクラフト手芸(手作りキット)うさぎのキャンディーボックス<ハマ...