小学校1年生程度でできる夏休みの工作を紹介します。
夏休み 工作 小学生 低学年 ペットボトル リサイクル

夏休みの工作として作るのがペットボトル空気砲です。

エコな時代ですから、ペットボトルのリサイクルをしましょう。

小学校1年生程度でもできるのですが、カッターナイフやはさみを使います、保護者の方も少しサポートしてあげることをオススメします。
 
用意するもの
1.350mlから500mlのペットボトル
2.風船
3.ビニールテープ
4.布ガムテープ
5.カッターナイフ
6.はさみ

作り方の流れ
1.ペットボトルの底から1.5cm程度のとろこに切り取り線を書きます。切り取り線に沿って、カッターナイフで切り落とします。切り取った小さい部分は捨ててください。

2.風船の吹き込み口の細いところをはさみで切り取ります。切り取った小さい方は捨ててください。

3.ペットボトルの切り取った部分にビニールテープを巻きます。約20cmほど使ってください。

4.ビニールテープを巻いた部分に、風船を取り付けてください。
思いっきり、大きくひっぱってかぶせるのがコツです。
風船はペットボトルから1.5cmから2.0cmほどがかぶせてください。

5.風船が外れないように布ガムテープで固定してください。

6.完成です。

遊び方
 風船を引っ張り、空気を打ち出します。

※遊んでいると、ゴムが劣化して簡単に壊れます。壊れた時は修理してください。

15分ぐらいで簡単に完成する夏休みの工作です。
空気砲で撃たれると、楽しいですよ。


参考
 Ojira的 親子で工作しませんか?