夏休みの宿題・工作 小学生 中学年向けのペットボトルで作る風車を紹介します。

エコな時代ですから、ペットボトルをリサイクル活用して、夏休みの宿題を完成させよう!

みんな夏休みの宿題は終わったかな。まだ終わっていない、君たちは早く宿題を済ませてしまおうね。夏休みの工作がまだ、できていない子供たちは、がんばって、ペットボトルで作る風車で夏休みの工作を完成させよう。

用意するもの
1.ペンチ
2.はさみ
3.カッターナイフ
4.きり
5.クリーニング屋でもらった、針金ハンガー
6.ペットボトル(六角形のもの)


作り方の流れ

1.穴を開ける
 ペットボトルの蓋に、きりで穴を開ける。
 きりは太目のものがいいよ。
2.ペットボトルの底の真ん中に、きりで穴を開ける。
3.羽根を作る
 ペットボトルのお腹のあたりです。六角形の各面にU字型にカッターナイフで切ります。U字の上のところを斜めになるようにしてください。そして折って羽根に角度をつけてください。これを六面とも同じようにします。
4.六面とも羽根を谷折すると風車の羽根部分の完成です。
5.針金ハンガーをほどき軸を作ります。
 針金ハンバーをほどき、端の部分をペンチで切ります。
 蓋側から針金を通し、ペットボトルの底まで貫通します。
 貫通した先を小さく曲げます。
6.蓋側の針金を直角に曲げます。
7.アクリル絵の具やマジックで色や模様を付けて完成です。

遊び方
何かに突き刺して風の当たるところに設置するとよいでしょう。
手に持って、走るのもいいです。

参考 やすのページさん

夏休みの工作は、自由研究といっている割には、成績にも影響しますからね。せっかくですから、評価は高い方が嬉しいです。

そんなワケで、、

「みんなが興味を持ってくれるような工作を作りましょう!」

「夏休みの工作で差をつけよう!」
「夏休みの工作で楽しく遊びましょう!」

簡単に作れるので何度も作りましょう。